2014年11月12日

冬に大活躍!毛足の長いボアやファー生地の扱い方

こんばんは、ekubolabのRinaです。
現在私は来月のイベント出展に向けて、商品を製作中です。
「スタイ手作りキット」「プードルファーの帽子」「iPhone6用ベルトポーチ」の3つを販売予定です。

さてさて、今回は冬に大活躍する「ボア」や「ファー」生地の扱い方について紹介します。

毛足の長い「ボア」や「ファー」生地

帽子製作にも使っている毛足の長いボアやファー生地。
特殊な作りになっているので、普通の生地とは扱い方も異なります。

生地にしるしを付けるには?
裏を見るとニット生地がベースとなっていて起毛しています。
チャコペンやチャコペーパーでのしるしをつけるのは難しいので、水で消せるペンタイプのチャコペンを使うといいです。ダイソーにも売っていますよ。


毛足の長い生地の裁断方法

毛足の長い生地を切るときには、毛足を切らないように注意しないといけません。
そのまま切ってしまうと毛足が中途半端な長さで切れてしまいます。

布切ばさみで普通に裁断した場合(毛足が中途半端に切れてしまう)
 普通に布切りばさみでざっくり裁断
 切った断面が毛足を無視して真っ直ぐになります
途中で裁断された毛足が沢山あります
これでは仕上がりが綺麗ではないですし、ほこりもいっぱい出てきてしまいます。

出来るだけ毛足を切らずに裁断する方法
 布切りばさみを使用せず、刃渡りの短いはさみを使います。
写真は私が使っている手芸用のアンティーク糸切はさみです。
見た目も可愛く切れ味もいいのでお気に入りです。
普通の糸切ばさみでも大丈夫です。
 生地の毛足部分を避けて生地だけをはさみで切ります
 5mm〜1cmずつ、ゆっくり裁断します
 毛足が絡んでいますが、ゆっくり裁断した生地を離すとほどけます
 毛足を切らずに断面も綺麗に裁断できました。

追記:【冬に大活躍!毛足の長いボアやファー生地の扱い方その2

おすすめの道具

0 件のコメント: