2014年11月19日

冬に大活躍!毛足の長いボアやファー生地の扱い方その2

冬になると使いたくなるボアやファーのような毛足の長い生地。
少し前の生地ではしるしを付ける道具と裁断の仕方を紹介しました。
冬に大活躍!毛足の長いボアやファー生地の扱い方

ボアやファー生地のほつれをとめる方法

大抵のボアやファー生地はニット生地がベースになっています。
ニット生地は編物なので糸がループ状になっており横に伸びる性質があります。
裁断すると糸のループが切れるので、ほつれやすくなります。
そこで便利なのが写真のような「ほつれ止め」です。

ほつれ止めはさらっとした液体なので、生地の断面につけていくと簡単に染み込みます。
それほど固くもならず、そのまま水洗いもできます。
ちなみにアルコールが入っているので使用するときは換気をしてください。


ボアやファー生地を縫うときに便利な道具

ボアやファー生地は毛足が長い分ボリュームがあるので縫うのも一苦労します。
生地を仮止めするとき、ボアやファーの時は「仮止めクリップ」が便利です。
見た目は小さなクリップですが、しっかり生地を仮止めてくれます。
止める時は片手で挟むだけなので、待ち針よりもお手軽です。
奥まで止めるとちょうど1cmなので縫い代を書く手間も省けます。

ボアやファー生地は縫うときに使用する糸も違います。
ミシン糸にはニット用の糸が存在します。
ニット生地は伸びるので糸も伸びる性質を持った専用の糸を使用します。
ボアやファーもベース生地が大抵ニットなのでニット用の糸の使用をおすすめします。
ちなみにミシン針もニット用の先がやや丸い針が存在します。
こちらはご使用のミシンに合うものを選んでください。

TK-11240ほつれ止め ピケ TK-11240
TK-11240ほつれ止め ピケ TK-11240
価格:583円(税込、送料別)

0 件のコメント: