2015年3月14日

メール便の代替サービス、クリックポストを使ってみました

自分宛てにクリックポストで商品を発送


ネットショップのシステムを把握するために自分で商品を購入しました。
今回はその続編、自分に購入された商品を自分宛てで発送してみました。

クリックポストってこんなサービス

商品の発送に利用した方法は「クリックポスト」という郵便サービスです。
クリックポストはネットで申込み、自分で宛名カードをプリントして郵送するサービスです。
利用するにはyahoo!JAPANのIDとyahoo!ウォレットの登録が必要です。
サイズは34cm×25cm(A4大)以内、厚さ3cm以内、1kg以下
値段は164円と良心的、ポスト投かんで出せるのも嬉しいですね。

クリックポストの利用方法
※事前にyahoo!ウォレットの登録をしておいて下さい。
まずはクリックポストのトップページからyahoo!JAPANのIDでログインします。
「新規発送」ボタンを押すと、入力画面になります。
商品情報と宛先情報を入力します。入力内容を確認して進んでいきます。
クリックポストTOP(発送履歴一覧)の未決済ボタンから決済手続きを行います。
 決済手続き中の画面になります。
ポップアップ画面でyahoo!ウォレット決済の手続きが出てくるので、指示に従って下さい。
この時点ではまた、支払に同意しただけで課金はされていません。

宛名の印刷
クリックポストTOP(発送履歴一覧)の宛名印刷から宛名を印刷します。
宛名印刷はA4サイズです。
印刷はカラーでも白黒でもOK。
左上の宛名部分のみを切り取り、封筒に貼りつけます。
郵便局でこのバーコードを読み込んだ時に課金されます。
宛名の印字ミスがあったりキャンセルしたい場合は、その宛名を使用しなければOKです。
宛名を貼るときはバーコードが滲んだり歪んだりしないように、水のりの使用は避けます。
差出人は登録した氏名と住所が印字されます。
氏名は必ず本名が入るので、屋号を入れる場合は建物名に入れるといいと思います。
封筒をポストに投函すれば発送完了です。
配達日数は普通郵便と同じです。
配達履歴もばっちりわかるのでとっても便利です。
自分で宛名を入力して印刷する手間があるので発送数が多い人には向きません。
たまに送る程度の個人にはちょうどいいサービスだと思います。

クリックポストの欠点は水に弱いこと。
自宅のインクジェットプリンターで印刷するため、雨でぬれるとバーコードがにじんでしまします。
雨等でにじんでバーコードがうまく読み込めなかった場合は、返送されるそうです。

クロネコメール便の代用に、クリックポストを使用してはいかがでしょうか?



6 件のコメント:

石田悠 さんのコメント...

雨でインクが滲むのでしたら、自宅のプリンターをインクが顔料系のプリンターに買い換えてみてはいかがでしょうか?
染料系のプリンターより耐水性があるので滲みにくくなりますよ(*・ω・*)ノ

Rina Urushibata さんのコメント...

顔料インクでくっきり印刷の方が良さそうだね。

匿名 さんのコメント...

幅広の透明テープで表面保護では駄目ですかね?

Rina Urushibata さんのコメント...

上からテープを貼ると反射してバーコードが読み取れないそうです。

匿名 さんのコメント...

非純正の互換トナーが使えるモノクロレーザープリンターが理想ではありますけどね。

Rina Urushibata さんのコメント...

モノクロレーザープリンターいいですね。
インクジェットと違ってくっきり印刷できますね。