2015年9月6日

娘と一緒に頑張った『ゆめフェスタ秋2015』出店の裏側

ハンドメイド活動と娘とのかかわり

こんにちは、
みんなのえくぼをつくるハンドメイドekubolab(えくぼラボ)のRinaです。

昨日参加した「ゆめフェスタ秋2015」、今日は出店の裏側を紹介します。
みんなのえくぼをつくるハンドメイドekubolab
その裏側には「娘の存在」があります。

そもそものハンドメイド活動を始めたきっかけ
育児と仕事と製作時間の悩み
最近は特に「娘とのかかわり方」を考えるようになりました。
そして今回の出店では娘と一緒に出店しました。

難しいことだとわかってはいたのですが、
ハンドメイド活動と育児の両立を考えた結果、このカタチを選びました。


ekubolabブースの裏側

これがekubolabブースのバックヤードです。
スペースの半分にキッズスペースを設けました。
おやつとおもちゃをしっかり用意。
眠くなったら寝ころべるようにシートも持参。
娘は一日このキッズスペースとおもちゃ完備の控室で過ごしました。

他の出店者さんも遊んでくださったのですごく助かりました。
おかげで娘は泣くこともなく一日過ごすことが出来ました。

ゆめ応援プラザ、ゆめフェスタだからできたことでした。
他のイベントではまず無理なことだと思います。
皆さん、本当にありがとうございました。

そして9時の準備から17時の交流会終了まで8時間、
一緒に頑張ってくれた娘にも感謝です。

荷物は運びやすく最小限に!

これは当日持参した出店に関する荷物です。
これ以外に私のカバンと娘の荷物があります。
出来る限り運びやすくコンパクトを心掛けた結果この量になりました。

白い箱は「バンカーズボックス」というダンボール製の箱です。
ダンボール製ですが二重構造になっているのですごく丈夫なんです。
3つまで積み重ねが出来るので収納に便利なんです。
5月に参加したセミナーで講師のmakuさんが使っているのを見て、
「なるほど!これなら運びやすい」と思って購入しました。

木製什器は折りたたみ&組み立て式。
とにかく「コンパクト」になるように考えて用意しました。
私の車がコンパクトカーなので大型什器や大量の荷物は積めないんです。
今回は娘も載っていたので、この量がちょうどよかったです。

今回一番大変だったのは搬入でした。
10キロの娘をおんぶしてこの荷物を運びました。
重かった・・・肩が辛かったです。
運びやすいバンカーズボックスで正解でした。

現在のところ次のイベント出店の予定はありません。
今後はイベント出店以外のカタチでの活動を考えています。

【おすすめアイテム】

0 件のコメント: