2015年9月17日

初の単独イベント出展!商品をより魅せるためのディスプレイの準備

こんにちは
みんなのえくぼをつくるハンドメイド
ekubolab(えくぼラボ)のハンドメイドアドバイザーRinaです。
9月5日の「ゆめフェスタ秋2015」では沢山の方に来店いただきました。
イベント後にお問い合わせ下さった方もいて、イベントは出店して終わりではないことを実感しています。
少し日数が経っていますが、
「ゆめフェスタ秋2015」でのディスプレイの紹介をします。

商品を魅せるためのディスプレイ

ハンドメイドのイベント出店をする場合はディスプレイの準備が不可欠です。
机の上に本のように平置きでは、商品の良さを伝えることは出来ません。

イベントによって必要な什器のサイズや数は様々です。
机が用意されているイベントもあれば、
土台からすべて持参しなければいけないイベントもあります。

以前私がイベント出展した時は、
共同出展の相方が立派なものを用意してくれました。
本当に素晴らしいディスプレイで勉強になりました。

ハンドメイドのディスプレイの基本は立体展示です


立体展示をするためには多少なりとも「什器」が必要になります。
今までの出展で「立体展示」の重要性をかなり認識しました。
平面と立体では見え方が全然違うんです。

今回「ゆめフェスタ秋」に出展するにあたり、
初の単独出展となったためにディスプレイを準備する必要が出ました。
正直haruちゃんのような立派なものを一度に用意することはできません。
そのためイベント参加に伴って少しずつ増やしていく事にしました。
「ゆめフェスタ秋」では机1つが用意されているので、
今回は机に乗せる什器を用意しました。

これはベビーリュックのディスプレイに使用した折り畳み式の棚です。
コンパクトカーに乗っているため折りたたみ式でないと搬入出来ないんです。
大型イベントにバンバン参加する人の場合は、
搬入する大型車も必要ですね。

折りたたみ式の棚を自作するのは難しいので、
楽天で見つけたワイドフリーラック2段を購入しました。
机に乗せる前提なので低めの2段にしました。
地面に直置きするなら
ワイドフリーラック3段フォールディングシェルフがおすすめです。

ワイドフリーラックは組み立て&折りたたみが簡単です。
安くていい商品なんですが欠点があります。

それがこれです。
作りが荒いんです
安物なので作りが雑なのはわかっていました。
しかし、木材の切り口がそのままになっているので、
このままでは商品に引っかかり傷がついていまいます。

この状態ではとても使えないので紙ヤスリをかけて綺麗にしました。

じゃーん
切り口が綺麗になりました。
これで安心してベビーリュックを乗せられます。

購入しただけでは使えない場合があるので、
事前にしっかり確認してイベントに備えましょう。

【おすすめアイテム】

0 件のコメント: